札幌市議会議員(西区)

定森ひかる

メッセージ

私たちが暮らすさっぽろへの思いを気軽に話せるまちへ。
市民一人ひとりの思いがまちづくりの原動力になっていく。
そんな「市民の力を活かす市政」を実現するために、
定森ひかるは活動してまいります。

メッセージ

私たちが暮らすさっぽろへの思いを気軽に話せるまちへ。
市民一人ひとりの思いがまちづくりの原動力になっていく。
そんな「市民の力を活かす市政」を実現するために、
定森ひかるは活動してまいります。

3つの重点政策

  • 重点政策01
    多世代が
    ゆるやかにつながり
    ささえあうまちへ
  • 重点政策02
    次世代につなぐ
    持続可能な成長を
    実現するまちへ
  • 重点政策03
    まちづくりの
    原動力である市民の力を
    活かすまちへ
詳細はこちら

活動報告・お知らせ

日々の活動の様子とイベント等をお知らせします。

応援メッセージ

定森ひかるを
応援します!

  • 上田文雄 元札幌市長

    上田 文雄

    弁護士・第九代札幌市長

    定森ひかる君に期待する

    私が市政を担当していた際、北大の中島岳志さんが発寒商店街に「カフェハチャム」を開設し、共に活動する仲間の定森ひかる君を紹介してくれた、それが彼との最初の出会いだ。
    街づくりに興味を持ち、多くのおじちゃんおばちゃん達に可愛がられながら、彼は市民活動への興味と意義、そして本物の楽しさを知り、生涯にわたりNPO活動に携わる決意を固めた。
    彼は、「北海道NPOサポートセンター」の職員となり全道の市民活動団体を支援する仕事に就き、多くの市民活動家達から頼りにされる人物に成長した。
    公共からも企業活動からも手が届かない社会的課題を、市民自らの発想と力で解決を目指すNPO活動、そこで鍛えられた定森ひかる君の高い志と感性・行動力は、いま札幌市政のなかで新たな展開を目指そうとしている。
    市民自治基本条例・市民まちづくり活動促進条例のある札幌市において、定森ひかる君が条例の目指す「市民による市民のための札幌市政」実現に全力を挙げて活動してくれることを、私は心から期待している。

  • 宮本奏 NPO法人代表理事

    宮本 奏

    NPO法人代表理事

    定森さんは「小さな声をしっかりと聴き、一緒に考えていく人」です。
    生活困窮者の生活相談を長年されてきた経験が定森さんのベースにあります。決して助言やアドバイスを一方的に話し始めるようなことはせず、どんな声にも必ず一緒に考えていくことから始める人です。
    そして「市民と行政との協働を実践してきた人」です。
    北海道NPOサポートセンターでの経験の中で、北海道胆振東部地震の際には発災直後早くに現地に入り、行政と市民団体との支援調整を始めました。まさに協働を現場で実践してきた経験から、支え合いを可能にする仕組みを社会に提案することができる人です。
    どんな小さな声も尊重され、誰もが地域で共に生きられる社会と政策を期待しています。定森ひかるさんを応援しています。

  • 中島岳志 東京工業大学教授

    中島 岳志

    東京工業大学教授

    定森光さんと出会ったのは、15年も前のことになります。
    彼は北海道大学の学生で、私は教員でした。
    彼は人一倍正義感が強く、誠実で、当時から社会問題に対する関心を強く持っていました。
    彼とは授業だけでなく、北大の外でもいろいろと活動を共にしました。
    特に発寒商店街に「カフェハチャム」を作るプロセスでは、商店街や住民の皆さんと厚い信頼関係を築き、目を見張るような活躍をしてくれました。
    定森さんは札幌を変えてくれる人だと思っています。彼の活躍を全力で応援したいと思っています!

  • 吉田徹 元北海道大学法学部教授

    吉田 徹

    元北海道大学法学部教授

    キラキラ光る、西区から

    まだ若くとも、定森さんは、私にとって兄のような存在です。
    これまでに地域の、札幌の、北海道の、不運にも恵まれない境遇に陥った人たちにより沢山の光が当たるよう、粉骨砕身、力を尽くしてきました。
    皆さんの力で、札幌をさらに輝かせることのできるできる高みへと引き上げて頂くよう、お願い申し上げます。

  • 石黒好美 ライター・社会福祉士

    石黒 好美

    ライター・社会福祉士

    定森さんとは名古屋の生活困窮者支援の活動を通じて知り合いました。
    団体の事務所を移転したとき、近隣に住む方の中にはホームレス状態にある人が出入りすることに不安を隠さない方もいました。
    定森さんは丁寧に信頼関係を築き、一年後には近くの商店街の皆さんと一緒にお祭りを開催するまでになりました。
    地域の中の小さな声にも耳をすませ、異なる意見を持つ人同士のあいだをゆるやかにつなぎ新たな関係を作っていく。
    定森さんは、困難な課題にも札幌市の皆さんと共に向き合い、誰もが暮らしやすいまちを作っていける人だと思います。

  • 大島かおる 札幌市議会議員

    大島 かおる

    札幌市議会議員

    議員には「なりたい人」と「やらせたい人」の二種類があります。
    もちろん定森君は後者です。
    定森君は、名古屋では現代社会の矛盾そのものの現場である「生活困窮者」の支援に取り組み、北海道NPOサポートセンターでは、地域の市民活動を支え人と人をつなぐ要の役割を果たしてきました。
    その貴重な経験は、これからチャレンジする政治の場でも必ずや生かされると期待しています。
    市制100年を迎えたさっぽろのまちづくり―次の100年の土台作りを定森君に託します。

定森ひかるの活動実績・経歴

これまで15年以上にわたって取り組んできた地域活動・市民活動の実績です。

  • 商店街活性化商店街を地域の縁側に

    2008年~2009年

  • 困窮者支援の現場誰もが地域で居場所のある社会を目指して

    2012年~2016年

  • 市民まちづくり団体・NPOの応援民間と行政の協働による公共の充実へ

    2016年~2022年

  • 高齢者の共同住宅運営住み慣れた地域で住み続けるために

    2021年~

詳細はこちら

定森ひかるを応援する

定森ひかるの活動を応援してくださる方々を募集しています。
一人ひとりの応援が活動の支えになります。ご支援のほどよろしくお願いいたします。

  • サポーター登録

    ご登録いただいた方には、メール等で集会・イベントやボランティア等の情報をお届けいたします(不定期)。
    ご登録いただいたことで、お手伝い等を強制することはありません。できるかたちでのボランティアやご寄付は大歓迎です。

    サポーター登録はこちら
  • ご寄付のお願い

    事務所を借りたり、チラシ等を作成・発送したり、活動をするためにはどうしても資金が必要となります。
    定森ひかるの活動を支えるために、ご寄付でのご協力も何卒宜しくお願い致します。

    ご寄付の方法はこちら